おやじのトラッカー日記

トラック業界の情報発信しています

トラックの車両総重量と積載量について調べてみた

どうもー!

おやじです。

今回は

トラックの車両総重量と積載量について調べてみた。

何気なく知ってる言葉ですが

実際、区別がつかない人も多いんですよ!

 

知ってると知らないでは大違い。

トラック運転手だったらこれくらいのことは知っておいてもらいましょう。

 

毎日+7万円が口座に入金

 

f:id:oyaji-truck:20200601141937j:plain

トラック積載量

 

 

1)車両総重量と積載量のちがいとは


トラックは公共の道路などを利用して荷物を運びます。

道路や橋梁は使用される目的により(目的にあわせて)基準があり、

その基準により設計し作られて管理されているため、

安全な人や車両の通行が確保されています(道路法等)。

このためトラックが公共物の道路や橋などに損傷を与えないため、

走行するトラックには大きさや重量が定められています。


このうち、重量に関する規定が車両重量と車両総重量で、それぞれ異なります。

車両重量とはトラックがいますぐに走れる状態の重量で、

車両総重量は実際に許可された最大の人や荷物を積んで走る時の重量です。

 

車両重量: トラックがいますぐにでも走れる状態の重さ。

燃料・オイル・水など規定の全量および標準仕様の荷台が含まれます。

乗員や荷物や工具・スペアタイヤなどは含まれません。

トラックメーカーのカタログ車両重量と荷台の仕様やクレーンなどの

荷役設備を設けた実際の車両重量とは、異なる場合があります。

車両総重量: トラック車両重量に乗車が許される定員や最大積載量の荷物を

積んだ走行状態での全重量です。

 

車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量
※車両重量とはキャブとシャシと架装の重量を足した重量のことです。荷物や人が乗っていないときのトラックの全体の重さのことです。

f:id:oyaji-truck:20200601140607g:plain

 

トラックメーカーは、車両総重量が決められた重さ以下になるよう車両重量や積載量を設計しています。

一般に、大型トラックは車両総重量が25トン以下、中型トラックは8トン未満、小型トラックは4~5トン程度となっています。

 


(2)積載量
トラックに積める荷物の重さは、車両総重量と車両重量などとの兼ね合いから、

車両ごとに自ずと決まってきます。

この積める荷物の最大の重さを「最大積載量」と呼んでいます。

最大積載量を超えた荷物を積んで走行すると法律違反になります。

 

・大型トラック
大型トラックは、法律で「車両総重量」は通常20トン(最大で25トン)と

決められていますから、車両重量と乗車定員が決まれば自ずと

最大積載量が求まります。

平ボディはウィングボディに比べて架装の重量が軽いので

その分荷物を多く積むことができます。

 

f:id:oyaji-truck:20200601140849g:plain

 

 

・中型トラック


中型トラックは、4トントラックとも呼ばれています。

4トントラックというと、4トンまで積載できると考えがちですが、

4トンくらいまで積むことができるトラックという意味で、

必ずしも4トン積めるわけではありません。

これは、中型トラックがこれまで車両総重量8トン未満になるよう

製作されてきた中で、車両重量がクレーンやテールゲートリフタなどの

架装によって重くなってしまったことが理由に挙げられます。

現在は道路交通法の改正により、中型自動車の車両総重量は11トン未満までとなっていますので、4トン以上の荷物を積めるトラックが製造されています

 

・小型トラック


一般的に、小型トラックの積載量は、2トン以下となっています。

 

・トレーラ
トレーラはトラックでは運べない大きな荷物や、よりたくさんの荷物を

一度に運ぶことを目的に製造された車で、一般的にトラックよりも

「最大積載量」が多くなっています。

しかし、これでは道路や橋梁の規格を超えた重量となるため、

例えば、新幹線、高層ビルの鉄骨、風力発電の羽、人工衛星のロケット等の

重量物を運ぶことができません。

さらに、荷物によっては道路や橋梁を通行するために決められた長さ、幅や高さなどを超えてしまう長尺物もあります。


そのため「特殊車両の通行許可」という制度が設けられており、

車の諾元や仕様、荷物の内容、通行する経路、日時などを明らかにして

道路管理者に許可申請を行い、車両の構造や荷物が特殊でやむをえないと

道路管理者が認めた場合には許可証が交付され、重量物や長尺物でも道路や橋梁を通行することができます。

 

 

(3)軸重と輪荷重
車軸や車輪にかかる重さが決められています。軸重(1本の車軸にかかる重さ)は10トンを超えてはならず、輪荷重(1つの車輪にかかる重さ)は5トンを超えてはいけません。

f:id:oyaji-truck:20200601141151g:plain

 


(4)最遠軸距


最遠軸距とは自動車の最前部の車軸中心から最後部の車軸中心までの水平距離をいいます。
道路や橋梁への集中的な負荷を考えて、トラックには最遠軸距さいえんじっきょ(ホイールベース)に応じた最大積載量の決まりがあります。

 

f:id:oyaji-truck:20200601141249g:plain

 

参照元

車両総重量と積載量

 

車両総重量と、最大積載量を熟知していれば積載オーバーなどの違反から

避けられるものです。

 

このことを考えながら荷物を積むといいでしょう。

過積載は違反であり重大事故もあり得るのです。

 

 

では

このへんで。

 

さいなら!

 

 

毎日+7万円が口座に入金