おやじのトラッカー日記

トラック業界の情報発信しています

木炭自動車をご存じか?昭和のトラック 調べてみた!

どうもー!

おやじです。

みなさんは、木炭車って聞いたことありますか?

私が前にいた会社で昭和7年生まれの人がいて

その人が子供時代に木炭で走る車のことをよく言ってました。

で、ふと

木炭車について調べてみることにしました。

 

日給7万円無料モニター

 

f:id:oyaji-truck:20200519102837j:plain

木炭車

 木炭自動車(もくたんじどうしゃ)とは

 

木炭をエネルギー源とし、車載した木炭ガス発生装置で不完全燃焼により発生する

一酸化炭素ガスと同時にわずかに発生する水素(合成ガス)とを回収、

これを内燃機関の燃料として走る自動車です。

 

f:id:oyaji-truck:20200519103036j:plain

木炭車・レトロ

 

第一次世界大戦中の1910年代から第二次世界大戦終結直後の1940年代にかけ、戦時体制にあって正規の液体燃料(ガソリン、軽油など)の供給事情が悪化したイギリスやドイツ、日本やフランスなどの資源に乏しい自動車生産国で広範に用いられたことで知られている。

大日本帝国の商工省(当時)では、木炭ガス発生装置を「石油代用燃料使用装置」と呼称しており、それらを搭載した車両の正式名称は「石油代用燃料使用装置設置自動車」であるとされ、略して「代用燃料車」あるいは「代燃車」と言うが、バスの場合は専ら木炭バスや薪バスと呼ばれていた。木炭以外に、薪や石炭(無煙炭)を用いる事例もあり、いずれも固形燃料を使用して内燃機関動力用のガスを確保するシステムである。

木炭ガス発生装置は、エンジンが共通であるバスと大型トラックや、出力と装置の搭載に余裕のある、比較的排気量の大きい普通乗用車、普通・小型貨物自動車にも改造の上で搭載された。鉄道車両では、ガソリンカーや小型内燃機関車などにもそのような改造例が見られた。

木炭等のガスは内燃機関の燃料としては低質で、実用上の弊害も多かったため、正規水準のガソリンや天然ガス供給が改善されるに伴い用いられなくなったが、1990年代以降では、環境分野での啓蒙活動の一環や、戦時下の状況を伝え残すために木炭バス(木炭自動車)を自作・復元する団体も存在しています。

https://youtu.be/BNt6-TbVkAA

 

原理と構造

車載発生炉にくべた木炭や薪の不完全燃焼により発生炉ガス (en:Producer gas) と呼ばれる一酸化炭素を主成分とする可燃性のガスが得られる。

また木炭を使用する場合、発生炉中に水蒸気を吹き込み一部を水性ガスとして使用したものもあるようである。

発生したガスに含まれる煤を分離除去してエンジンまで供給する機能を車載用に

コンパクトにユニット化したものが、ガス発生装置である。

 

ここから発生した木炭ガスをガソリンエンジンの気化器まで導き、途中の管に燃料切替弁[1]を設けて接続した。

湿式法での木炭のガス化
湿式法で木炭や薪は水蒸気によってガス化される。

この反応は吸熱反応部分を高温で進行させるために、最低でも900℃が必要とされる。

 

C+H₂0→CO+H₂


このガス化において、生じたガスの一酸化炭素と水素の組成比は用いた木炭や薪の種類や反応条件といったもので決定される。

 

f:id:oyaji-truck:20200519103745p:plain

木炭車システム

木炭車の始めと終わり

 

 

木炭バスは、後部に積んだ窯で木炭を燃やしてガスを発生させ、そのガスを噴射してエンジンをまわす構造でした。


馬力が弱いため、エンジンがかかるまでに大変な時間を要したと言われています。


しかしながら、かつてガソリンの使用が禁止されていた時代に、代替燃料として木炭や薪、石炭などがバスや自動車に用いられたのです。


それでは、なぜガソリンの使用が禁止されていたのでしょうか。

 

 

画像1 木炭バス(広島電鉄提供)

日本は自国に大油田を持ちません。


ガソリンや重油の原料となる石油の9割以上を輸入に頼っていました。


そうしたなか、1937(昭和12)年7月の日中戦争勃発により、軍用に大量の石油が必要になります。


このため、国民生活における石油使用を、抑制せざるを得ない状況に陥りました。


商工省の外局として設置された燃料局は、8月に石油の消費規制準備を行い、11月、各省次官会議で石油消費節約のための実行方針が決められました。


その1つに、「木炭、薪などガソリン代用燃料使用装置の普及を図り、官公用バス、トラック、ガソリンカーなどは、すみやかに薪炭ガス発生炉を使用する」という条文があります。


翌38(昭和13)年3月になると、商工省令「揮発油及び重油販売取締規則」(のちに「石油販売取締規則」に改定)が公布され、切符制による販売制度が採用されるようになりました。

 


日中戦争が進むにつれて、アメリカ、イギリス、オランダは対日外交を硬化させ、日本に対して経済制裁を敷くようになっていきます。


1941(昭和16)年7月28日に日本軍が南部仏領インドシナに進駐すると、8月1日、アメリカはついに日本への石油輸出を全面禁止としました。


その当時、日本は石油輸入の約7割をアメリカに依存していました。


このことが決定打となり、9月1日からバスやタクシーのガソリン使用を全面禁止することが鉄道省から発表されました。


代替燃料を使用した車のみが営業を許可されたのです。


この頃、艦艇や航空機用燃料として多量の石油を要した海軍は、陸軍とともに資源を求めて南方進出を推進する一方で、人造石油の製造を行っていました。


しかし、生産された石油量は、消費を満たすには遠く及ばない状況でした。


そして9月6日、日本は御前会議で対米開戦を決意します。


開戦から2日後の12月10日、アメリカのラジオ放送は、開戦の背後にあった問題として、「石油の涸渇が日米戦に到らしむ」と報じました。

 


1945(昭和20)年に戦争が終結しても、物資の不足は続いていました。


GHQ連合国軍最高司令官総司令部)は占領政策において、「非軍事化と民主化」を目的として日本国内での石油採掘を制限し、輸入を引き続き禁じました。


そのため、木炭バスはまだまだ人々の足となって活用されます。


しかし、1949(昭和24)年にGHQ占領政策の転換から石油に関する制約が解かれると、翌50(昭和25)年から輸入が再開されます。


1952(昭和27)年には燃料油の配給及び価格統制が撤廃され、燃料事情は急激に好転しました。


木炭バスはこうして静かにその役目を終えました。

 

f:id:oyaji-truck:20200519104053j:plain

木炭自動車

 

 参照サイト

木炭で走るバスがあったってホント?|公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-

 

戦争中にガソリンの輸入がストップされたために、しかたなくガソリンと木炭を利用してガソリンの消費を減らそうとした苦肉の策なのですね。

と思った。

なので、大量には生産されなくて、今あるとすればとても貴重な車だということですね。

 

私は57歳なので、私と年代が近い人であれば先輩ドライバーから木炭車というのを聞いたことがあるかもしれませんね。

 

では、

このへんで。

 

さらばだ!